2014年7月7日月曜日

たまには真面目な話を・・・

そいえば

今年すでに150杯目を消化しておりますがもうそろそろいい加減痩せようと思いまして、

少しペースを落とそうかと

それなりに健康も大事ですからねえ

人生は「美味しく楽しく健康に」が一番だと思います

そいえば最近よく相談受けたり話に出るのが「求人」です

僕の会社は居酒屋ですが、もう何年も前から社員やアルバイトの人材不足からいよいよ求人かけても一切来ないというレベルにまでなっています

でもフタを開けたら他の居酒屋業種以外の飲食店も軒並みそんな状況でして、もちろんらあめん屋さんも例外ではなく、若い子達は一体どこで何してお金を稼いでるのかが本当に知りたいくらいですわ

店舗を構えている以上、ある一定の時間で集客、営業するにはそれなりの広さが必要ですし、限られた時間で売るには回転数と人手が絶対条件です

特に商品を作り置きできないらあめんに関しては最低限の人数を割ると営業として支障が出るため休まざるを得ないケースも多々あるそうですし、ごく最近聞いたお話では求人かけても来なかったためにらあめん自体は美味しくて人気もあるのに今月いっぱいで泣く泣く閉店せざるを得ない店主様もいます

これからの日本はこれから10年でよりこの現象が加速し、世の中のニーズの多様性に絶対数は供給過多になりつつ余計に関東東京の中央一極化が進むため、地方の中小企業や個人店の淘汰は
避けられないでしょうね

僕に何ができるかは分かりませんが、なくなって欲しくない味やお店は確かにあります

特に岩手は食産業と農家が儲からないといけません

そのためにまず人口集中しているとこの家賃や土地代を今より安くしましょう

家賃が安ければ、出店が増え人が集まり、凌ぎを削りレベルが上がり多様性が生まれ、ひいては街が面白くなります

面白ければ人口が増え、結果商売のチャンスも増えます 

そして最終的に誰もが儲かりながら「美味しく楽しく健康に」人生を楽しめる土地になれば人口が定着して新しくまた文化が生まれていくはずですよ

そんな中で若い野望に燃えた若い人達は是非遠慮なく美味しいらあめん屋になってもらいたいと思います~

何かが変わらなきゃ世の中変わりませんし、お金持ってる人が先に折れないと進まないことはかなりあると思います

話は変わってついでで先月40杯以上食べた中からゃ本当に僕がハマった何杯かを載せときます~


菜園 つぼ半 冷やし豆乳担々麺
青山 らーめんサンド 煮干しそば ワンタントッピング
久慈 久慈グランドホテル アリゼア 冷やし担々麺
大通り 麺屋好誠 爆ニボ味噌SS
奥州 銀蝶 中華そば
青山 人力俥 ニボ味噌

なんか暑くなればなるほど濃い~のが好きな僕です






0 件のコメント:

コメントを投稿