2015年8月5日水曜日

8月1週目

■こちらのブログではある程度プライベートやらあめんに絡んだことを中心に徒然と日記がてら書きます

我のビジネスや社会的なお仕事の内容に関しては下記のブログと分けております

ゴリロックス事業レポート

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://golirocks63.blogspot.com/2015/06/2015620.html


■うなぎ

毎日うだるような暑さが続く中、盛岡でうなぎをきちんと食べさせてくれるお店を探して3年目にしてようやく辿り着いたのが、盛岡の南大通りにある老舗かわひろさんです

国産のうなぎを炭で焼き、自家製のタレで食べさせてくれる

字に書くと当たり前ですがそれが今の日本では実に難しい

もちろん一年に一度だからこそ奮発するわけですが、本物をきちんと味わって食べると満足感で幸せが一杯





決して量ではなく心が満たされるわけです



普段はざっかけない気取らない食事が大好きですが、こういう真面目な仕事をするお店がこれからも途絶えないように、ぜひとも価格以外にも選択肢の幅を持って頂きたいと思います

何の気なしに買うコンビニ商品を20個我慢したら本物のうなぎが食べれます

本当です



ちなみにかわひろさん予約制なのでご注意を

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://cpstyle.jp/morioka/shops/128511





ぽんぽこ市

うなぎの後は八幡ぽんぽこ市でビール

めっちゃ人がいる中のステージでは様々なジャンルの方が出演、出店も盛りだくさんと若干カオスなローカル感が心地よいイベント
いつ来ても賑やかな空気で面白いです、が

この日はあんまり暑すぎて早々に退散

脳ミソとろけて画像なし

うかつっっっ





■はちきゅんロケ

めんこいテレビの新人アナシリーズ第2弾は爽やかやろんず滝澤悠希くんでした

笑顔がまぶしすぎる埼玉出身の爽やか24歳




もちろんこれからもミスもあれど、めげずにたくさん吸収して明るく元気に仕事してもらいたいと思います


向かった先は盛岡隣の雫石方面、今回も美味しいらあめんに出会えて感謝でっす

そして僕もふじポンも知り合い遭遇率ハンンパない雫石


放送は8/15日 (土)   はちきゅん AM9:55より

チェックよろぴこ





■秋田にて


金曜日は秋田の大曲市に

秋田のらーめん部部長の打川さんのご紹介で、秋田大曲市にぼすけ本舗のオーナー、樫尾さんにご挨拶して参りました

樫尾さんは秋田らあめん店主が集まるいっちょやったろ会の会長でもあります

本題の、そ・の・ま・え・に



 秋田大曲市 大来軒     天ぷら中華 480円






濃ゆ~い鶏出汁と醤油がキリッとしたスープ

ぞろっと口に飛び込んできて噛み応えある細縮れ麺

薄めのかき揚げ風天ぷらはじゅくじゅくと美味しいスープがたっぷり

何より安すぎます





一しな   中華そば 塩 500円



透き通った塩スープは節の香りと胡椒が効いて独創的

麺は極細なのにコシが凄い

 



追加で気になった黒餃子 350円







イカ墨を練り込んだ皮で辛し高菜の餡を包んだ逸品

個人的にこれはかなり大ハマリっっっ

メニューの店主さんの似顔絵激似



にぼすけ      煮干し中華 550円

 




正統派の煮干しが香る中華そば

麺が細くてぱつぱつ、噛み応えよし

御値段も含め学生にも人気のようでカウンターはひっきりなし





上記のにぼすけさんにはオーナーさんがいると思い間違えて駅前近くの方に先に行ってしまいましたが、結果無事にぼすけ本舗にもたどり着き、ご挨拶とお話し終了

樫尾さん体調優れない中とても気さくにお話してくださり、いい方でした

これからの動きに要注目やでえー



■高校同窓会

さんさ初日は激混みの桜山内丸周辺をプラプラ

やっぱりうすやきは美味しい

そして男くさい振り付けの、漢さんさを来年までに考案したいと勝手に思いつきました

とんでもない人だかりの夕暮れ時の大通りをすり抜け外小路 左近にて高校の同窓会へ





何回か個人的に会ってたやつもいますが、ほぼ卒業以来会ってなかった同級生と繋がったのもSNSの普及の賜物です

僕とあとオーダーメイドの靴職人以外、盛工建築科の同級生はほぼそのまま家業を継いだり建築設計絡みの仕事についており、現在の仕事話も昔の知らなかったことも話が尽きずあっという間の夜でした

同年代の頑張りは励みになりますのう

そしてそろそろみんないい年だし、それなりにいいもの出すとこで宴会しようてことでお店選んだのですが、まあーみんな話に夢中で食べない食べない

仕方なしにお持ち帰り用に包んでもらいましたが、外小路 左近
お料理良かったです




■ゴリロックス

というわけで

遊んでばかりいられないのでそろそろ本気でゴリロックスの設立に着手します




僕にとっては、ワクワクすることや気持ちが動くことを仕事にしていきたいからこそ独立を考えたので、遊びと仕事の境界線はとても曖昧ですけどね

アイデアや結果は楽しく、プロセスや成果は真面目に

いよいよ岩手面白くしていきまっせえ〜〜



0 件のコメント:

コメントを投稿