2015年12月7日月曜日

八幡平ホワイト



八幡平だからこその味と価格

八幡平でしか食べられない

八幡平ならではのらあめん

菜彩鶏を贅沢に炊いた超濃厚豆乳白湯ラーメン『八幡平ホワイト』

ついに完成しましたっっ









いよいよ12月12日(土)より販売開始
八幡平 あっぴ亭&RED HOUSEからスタート!

http://www.moriokaramen.com/hachimantai-white/


開発の経緯や目的はゴリロックスのブログにて
↓↓↓↓↓↓↓






こちらでは八幡平ホワイトの味の目的と方向性について書きますよ〜


まず何より元々が八幡平の食材には白いものが多いことから
(ふつせつ花の豆腐やジオファームのホワイトマッシュルームなど)

まずとっかかりとして「白いらあめん」ということからスタートしました


ぱっと連想するのは洋風のクリームスープやとんこつですが、それぞれ変わりダネや他でも食べられるそこそこのものを作っても仕方ないと思い、八幡平には世界有数のパウダースノーにファンも多い安比スキー場など外国人や他県の観光客が多いことから、様々な理由で豚を食べない人達にも受け入れられやすい鶏」に、ふうせつ花の豆乳11代目藤助の古川さんのかぶ玉ねぎ白菜の真面目な地物野菜を合わせたベジポタ鶏白湯にしました


実は世界の外国人に人気のらあめんは圧倒的に「とんこつ」だそうですが、そこを鶏にしてハードルを下げつつ食べ応えはしっかり出すのが今回のキモでして


特に岩手農協チキンフーズさんの菜彩鶏は、あれだけの品質の地鶏をあの量と価格で卸してくださることが本当に地元愛と気合なくして実現しえないことでして、冒頭のならではがまさにここに集約されてます



鶏のコラーゲンたっぷりのとろりとしたスープに豆乳と野菜の旨味がまろやかにとろけてます
塩ベースでキリッとエッジが立ちつつ濃厚な食べ応えなのに後口がもたれず、さらり

若干加水を低めにした特注麺は、小麦の味とつるつる感が小気味よくとろみのあるスープに絡むように仕上げ、一緒に口に入るとより美味しさが膨らむようになっております


トッピングはもとみ屋の塩麹に漬け込んだ半熟玉子、胡椒の風味とガツンとしたアクセントを演出するジオファームのホワイトマッシュルームと菜彩鶏のひき肉の炒め、食感のアクセントに樋口せんべい店の特注紅生姜入り南部せんべい、地物のネギにWILD GRAPE FARMの山ぶどうの塩が映えます


もちろん好き嫌いが出るのは承知で、味もビジュアルも特徴のある記憶に残るらあめんを目指しました


実際に提供販売する店舗としてあっぴ亭の関伸太郎君というやる気ある若者と組んで何度か試作

地元八幡平の人達に食べて頂き、たくさんのアドバイスを参考に少しずつブラッシュアップしてきました





僕は岩手のらあめんが盛り上がり県内だけでなくもっともっと他県からも目指して食べに来るようになってもらいたいですし、今回はそのいいきっかけ作りと思っております

岩手の素晴らしい食材を自信をもって商品として打ち出し広く知らしめる


これからもこのスタンスで岩手のらあめんを応援していきまっす








0 件のコメント:

コメントを投稿